北関東連続幼女誘拐殺人事件とは1979年以降、栃木県と群馬県で発生している誘拐および殺人事件。冤罪事件となった足利事件も含まれている。

・事件の概要
 1979年以降、4件の女児誘拐殺人事件と関連が疑われる1件の女児連れ去り事件(失踪事件)が栃木県と群馬県の県境、半径20キロ以内で発生しており、これら5事件まとめて「北関東連続幼女誘拐殺人事件」とされている。

 また、5つの事件はいずれも現在の群馬県太田市及び栃木県足利市のどちらかで発生しているが、そのうち、足利市内を流れる渡良瀬川周辺で遺体が発見された3事件は「足利連続幼女誘拐殺人事件」ともされている。

<事件の共通点>
・被害に遭ったのが4歳から8歳までの児童。
・3事件においてパチンコ店が行方不明の現場。
・3事件において河川敷で死体遺棄。
・4事件において金曜、土曜、日曜および祝日に事件が発生。
・これら5事件全てが未解決事件。
aa










ネットで知る人ぞ知るkiki jyouzuさんです。
  


img_0