ドアン・ティ・フオン、シティ・アイシャ
ドアン・ティ・フオン被告(左=29)シティ・アイシャ被告(25)

 北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄、金正男(キムジョンナム)氏が昨年2月、マレーシアのクアラルンプール国際空港で殺害された事件で、殺人罪に問われた実行役の女2人の公判が16日、現地の高等裁判所であり、裁判官は北朝鮮の男らが殺害に関与したと認定した。裁判所が事件への北朝鮮人の関与を認めるのは初めて。

 この日は、昨年10月に始まった公判でなされた6月末までの検察側の立証を受けて、2人を無罪にするか、公判を継続するかの判断が示されることになっていた。弁護側は2人に殺意はなかったと無罪を求めていたが、裁判官は検察側の主張をほぼ認め、公判継続を決めた。

 裁判官は決定文で、正男氏が顔に猛毒「VX」の液体を塗られた後、「女2人が急いでトイレに向かい、毒を落とすために手を洗ったことは明らか」と述べた。液体が毒だと認識していたと考えられ、殺意が推認できるとの見解だ。

 さらに、現場にいた指示役とみられる北朝鮮の男4人についても、「2人は北朝鮮の男4人と共謀し、入念な計画のもと正男氏を死なせた」と言及。「男4人の犯行前後の様子から見て殺人の一翼を担ったことは明白。動機が政治的な暗殺であった可能性を排除できない」とも述べた。
朝日新聞デジタル 8/16(木)

        *

◆関連記事
金正男氏の顔に致死量超えるVX、被告は予行練習も 裁判で証言
 →正男氏の顔の皮膚から致死量のおよそ1.4倍相当のVXを検出

金正男氏暗殺の供述調書 記者に激白「正恩氏が激怒、長文FAXが自宅に」
 →正男氏「私が正恩政権を批判したことに正恩が激怒し、私を脅迫するような激しい文言がびっしりと書かれたFAXが自宅に届いた」

【マレーシア】殺害された男性は金正男氏と最終確認 現地警察
 →北朝鮮に対し、首謀者である北朝鮮国籍の容疑者4人の身柄の引き渡しを要求‐マレーシア