※日本は常に中国の影がつきまとう某半島民族の二枚舌外交にいつまで振り回されれば気が済むのか。もはやため息しか出ませんね。
 
 中国が沖縄乗っ取り計画を裏からも表からも推進していて不穏な空気が漂う中、現在沖縄では知事選の攻防が繰り広げられています。

 台風24号が直撃して選挙どころではない雰囲気も漂っていますが、沖縄県民の皆さんは“壊し屋”小沢一郎の傀儡政権誕生に与するようなことだけは絶対に避けてほしいものです。
 沖縄は日本の国防の生命線であり、太平洋に覇権を広げたい中国にとっては喉から手が出るほど手に入れたい重要拠点です。

 今年に入ってからの小沢一郎の動きは、那覇国際通りで中国の大観光団を迎えるように立っている4本爪の龍柱のごとく、すべて中国を仰ぎ見てのものであり、デニー候補が推し進める「一国二制度」とは、小沢一郎が民主党にいた時代に打ち出していた「沖縄ビジョン」の焼き直しそのものです。
「最低でも県外」の鳩山由紀夫政権時代の悪夢の再来となるのは間違いありません。

 尖閣諸島に中国の海軍や大漁船団が出没して地元民の漁業や安全を脅かすのが常態化している今、「沖縄の自立・独立」の名のもとに自衛隊や米軍基地の縮小や撤去をしたらどうなるか、火を見るより明らかです。
 中国は大手を振って大軍を派遣し、尖閣諸島を占領、尖閣諸島を丸ごと埋め立てて軍事基地を築き、海警艇を常駐警備させ、大船団を組んで堂々と周辺海域の資源を漁り尽くすことになるでしょう。
 
        *

ri

 国連を舞台にした北朝鮮外交が活発化しています。北朝鮮の李容浩(リ・ヨンホ)外相が中国の王毅外相と極秘で会談していたことがわかりました。

 ニューヨークに滞在3日目、北朝鮮の李容浩外相は記者団の問いかけに無言のまま、宿泊先から国連本部へと向かいました。

 26日、アメリカのポンペオ国務長官と会談した李外相ですが、その直前、中国の王毅外相と国連内で極秘に会談していたことがわかりました。ポンペオ長官の訪朝について、中国の承認を求めたとみられます。

王毅、李容浩
王毅外相(左)と李容浩外相

 「スウェーデンは北朝鮮問題で積極的な役割を果たしています。北朝鮮の李容浩外相を招きましたし、その先の調整もしてきました」(スウェーデン ヴァルストローム外相)

 また、李外相は26日、スウェーデンとも接触したことがわかりました。スウェーデンは現在、安保理の非常任理事国で、李外相は、制裁の解除に向け、協力を要請したとみられます。

 「北朝鮮の完全な非核化が実現するまで、安保理制裁はきちんと履行されなければならない」(アメリカ ポンペオ国務長官)

 一方、27日には北朝鮮をめぐる安保理会合が開かれ、アメリカは「制裁解除は非核化の後だ」と改めて強調。これに対し、ロシアは「北朝鮮は非核化に向け前向きな措置を取っている」と評価し、制裁緩和に向けた決議案を起草すると表明しました。

 中国も制裁緩和を唱えていて、北朝鮮をめぐるアメリカと、中国、ロシアの駆け引きが激化しそうです。
JNN 9月28日