※青山繁晴氏の記者会見とプレスリリースを見た時点でだいたい想像はついていましたが、下記の動画を観て、「日本の尊厳と国益を護る会」とは名ばかりで、実際には「尊厳を毀損し国益を損ねる会」であるという確信を得ました。
 参院選前は必死に《国益重視》をアピールしていましたが、その後、皇統維持に関して何も具体的なアクションを起こしていないばかりか、虎ノ門ニュースのレギューラーコーナーで「女性宮家に反対しない」と明言していますから、似非保守認定されてもかまわないということなのでしょう。 *

道鏡の策謀を粉砕した和気清麻呂の子孫、半井小絵さん
半井小絵

◇◆◇ 動画視聴者の声 ◇◆◇
Oさん:「言ってる事とやってる事が違う人は信用できない」
Bさん:「とりあえずこの人は我が国の事なんてどうでもよく、単にお金と名声が欲しいだけ。その為ならどんな卑劣な事でもやると良くわかります」
Iさん:「爪を剥がされても言えない、が口癖の青山さんですが、この人のメッキはすでに剥がされてる気がします」
Yさん:「自称:万能超人・自己犠牲精神の国士 本性:ホラ吹き・銭ゲバ・パxxイア」
Jさん:「シゲッチョも悪質だけど、それを使うチャンネル削除(別名:草草草)も相当タチが悪いです」
Odさん:「『日本の尊厳と国益を護る会』って青山批判に対抗するために,信者向けの『仕事やってますよアピール』として作った団体だよね」
その他批判的なコメが多数

青山氏が「日本の尊厳と国益を護る会」の会則を指さしながら「女性宮家反対と書いてない」と説明↓
令和の道鏡一派 青山繁晴
「男系男子」の重要性を全く理解していない青山繁晴氏

________________________________________________

☆水間条項ブログより転載させていただきます。

2019年09月22日

■政治諷刺としては、我が国には無かった手法で制作されたハイセンスな動画が
「青にゃん劇場本館」並びに「青にゃん劇場新館」です。

我が国に『ブラックユーモア大賞』を創設し、
毎年クリスマスイブに発表することにして、年末年始笑いこけられれば理想的ですね。

政治を笑いで諷刺できる社会は、成熟した社会ですが、
我が国の残念なことは情報をもっている層が決して多くなく、
【青にゃん劇場新館】の「ブラックユーモア」を視聴しても
爆笑できない国民がまだたくさんいることです。

■本年度、ブラックユーモア大賞最有力作品