ポンペオ米国務長官、金正恩
ポンペオ米国務長官(左)と金正恩氏

【ソウル時事】韓国紙・東亜日報は14日、訪朝したポンペオ米国務長官が金正恩朝鮮労働党委員長と9日に会談した際、北朝鮮が保有する核兵器や弾道ミサイルを国外に搬出するよう求めたと伝えた。外交筋の話として報じた。

 中央日報も14日、消息筋の話として、米朝間で北朝鮮の核兵器や大陸間弾道ミサイル(ICBM)の国外搬出が議論されていると伝えた。
 6月12日の米朝首脳会談後、数カ月以内に北朝鮮から国外に搬出し、見返りとして対北朝鮮制裁の一部を緩和する方式だという。

 核拡散防止条約(NPT)は、核保有を許された米英仏中ロ以外への核兵器拡散を禁止している。5カ国以外が核兵器の管理を受け入れることも認めておらず、北朝鮮の核兵器を国外搬出する場合、5カ国のいずれかに移す必要がある。
時事ドットコム (2018/05/14)


核拡散防止条約(NPT)