※心当たりのある591名の方はぜひご覧ください。
 嶋﨑弁護士は横浜地裁を管轄にするため、「北海道から沖縄まで、全国津々浦々から、地方の方は遠路はるばる、横浜までお越しいただくほかないですね」とのことです。

※尚、ツイートの詳細につきましては各ツイートのスクリーンネームをクリックしてください。

嶋﨑量(ちから)
嶋﨑量(ちから)弁護士

「余命3年時事日記」のデマが発端、弁護士への組織的な不当懲戒請求13万件
 →21弁護士会に約1000人から約13万件の請求

 弁護士に対し、組織的に大量の懲戒請求がなされている問題をめぐり、提訴の動きが進んでいる。
 神原元(はじめ)弁護士は5月9日、請求者らに損害賠償を求めて東京地裁に提訴。佐々木亮弁護士と北周士弁護士も訴訟の準備に入っており、5月16日に記者会見する予定。
弁護士ドットコムより抜粋)

        *

嶋﨑量(弁護士)
@shima_chikara  5月9日
先日、私が591名から #不当懲戒請求 されました(全件懲戒しない決定済)。
懲戒請求理由は、佐々木亮弁護士@ssk_ryoへの不当懲戒請求に対する私のツイートが、「共謀による脅迫罪」になるという、懲戒理由とはなり得ないもの。
これは私の弁護士としての活動に対する悪質な業務妨害です。

嶋﨑量(弁護士)
@shima_chikara
#不当懲戒 に関し、提訴前の和解手順を公表します。
訴訟提起前に限り①真摯な謝罪の意思を示すこと、②和解契約書を締結すること、③②にしたがい今回の不当懲戒に対する慰謝料として金5万円(私単独分、他の方に影響せず)の支払いが条件です。
この基準は、基本的に北・佐々木弁護士と同じです。

@shima_chikara
上記条件で和解を希望する方は、先の手順でお申込みください。
現状は佐々木亮弁護士、北周士弁護士と本件について相互に委任関係はありませんので、必ず私宛にご連絡下さい。
なお、上記の和解条件は私への不当懲戒請求に限るもので、他の弁護士との和解等には何ら影響を与えません。

‏@shima_chikara
連絡方法は以下の通りです。
下記の私の所属事務所「相談申込みフォーム」へお申し込み下さい。
必ず連絡の取れる住所・電話番号・メールアドレスをご記入下さい。

@shima_chikara
既に私宛に和解希望のご連絡をされている方は、改めてのご連絡は不要です。
ただし、真摯な謝罪の意思や、上記連絡方法の記載などが漏れていると考える方については、再度上記方法でご連絡下さい。

佐々木亮弁護士
●佐々木亮弁護士

神原元弁護士
●神原元(はじめ)弁護士