※北条一門のために夫・源頼朝との間の二人の息子(頼家と実朝)と孫の公暁を殺し、夫の頼朝を洗脳して頼朝の弟・義経にあらぬ罪を着せて追討、夫の血を引く男系男子の根絶を図った“サイコパス”北条政子と対比されるのが、藤原不比等を父に持ち、臣下(平民)出身の皇太后として皇位簒奪を企てたといわれる藤原光明子こと光明皇太后。

昭和天皇が「徳」の字に込めた思い・・

 正しい皇統意識の希薄な光明皇太后とその操り人形であった娘の孝謙天皇(のち称徳天皇)、そして孝謙天皇と内縁関係を結び臣下(田舎豪族出身)でありながら皇位を窺った无道の僧侶、道鏡が招いた皇統の危機が令和の時代に再現されようとしています。

 和気清麻呂が「別部穢麻呂(わけべきたなまろ)」と改名を命じられ、流罪になってまで宇佐八幡宮の「神託」復奏の勅命を果たしたことでかろうじて危機を脱した皇統の歴史が、令和の“道鏡一派”によって再び脅かされようとしているのです。

 天皇の皇子でもなく皇族ですらない現代の“道鏡”と、それを祭り上げることで皇位簒奪、ひいては皇統断絶を目論む“道鏡一派”の策謀を粉砕し、祖先の叡智と伝統的制度への敬仰を伝えることこそが国民に課せられた義務、使命であると考えます。 *

「祖宗の皇統とは、一系の正当を承くる皇胤(男系子孫を指す言葉)を謂ふ」
「皇室は、直系・傍系にこだわらず、“数代単位の支系”をパッチワーク的に織りなしてきたからこそ“万世一系”が連綿と続いてきたのである。日本の皇統は“支系の統合(積分)”である」(中川八洋『皇統断絶』)とあるように、“数代単位の支系の相補”によって存続しえたのです。


☆Amazonベストセラー1位

■内容紹介
民間男性が「陛下」になる!?
こんなに危ない女性宮家
宮内庁は天皇の血を受け継ぐ
今上陛下の従兄弟たちの存在を隠していた!

天皇家乗っ取りをはかった
「道鏡事件」以来2度目の国難!
◎民主主義の時代に「女性天皇」を認めないのは時代錯誤?
◎「女系天皇」と「男系天皇」の違いはカンタン
◎メディアが報じない「男系男子」の皇位継承者
◎「女性宮家」推進派の矛盾を粉砕
◎上皇・上皇后両陛下が「愛子天皇」のご意向は本当か! ?
◎小室さん(民間男性)が「陛下」だなんて

◎《令和の「道鏡一派」との最終戦》 

■マスメディアが「女性宮家・女系天皇」を国民の80%が
支持しているとのデマを流しており、それを打ち消す武器として上梓した
『ひと目でわかる皇室の危機―天皇家を救う秘中の秘』に対する
嫌がらせ妨害は、相当酷い状況になると承知しています。

ようするにマスメディアも反日サヨクも「女性宮家・女系天皇」を
容認推進している個人及び組織は、「令和の道鏡一派」と認定して戦う必要があります。
和気清麻呂公が宇佐神宮から持ち帰った『神託』は
皇統は万世一系が我が国体の礎である」となっており、
『ひと目でわかる皇室の危機―天皇家を救う秘中の秘』は、
道鏡事件以来2回目の国難ですので、宇佐神宮の「神託」の基本通りまとめてあります。

基本は「神託」ですので、ひとりでも多くの方々に届けることが、
「女性宮家・女系天皇」の阻止だけでなく
議論そのものをごみ箱に捨てる覚悟が必要なのです。

また、嫌がらせ妨害の中には、いわゆる保守と言われる組織団体に
所属していても、本人が解らないことをいいことにインターネットを
使って誹謗中傷してくることは想定内です。

実際、全国にいらっしゃる「みつばち」さんのように本気で、
「道鏡事件」(769年)以来2回目の「国難」と認識している国民は極少数です。

小堀桂一郎先生が警鐘を鳴らされておりますが、
後に続く声が小さいことは周知の事実です。

あり得ない妨害がありましたら、内容をコピーして私にはURLを送ってください。
これは国益の最優先事項で守るべき案件ですので
「刑事告訴」を視野に入れていますので宜しくお願い致します。 

◆最後までバタバタしてましたが、これからあらゆる妨害に対処するため、
保守本流の人物が、ビジネス保守の蔭に隠されている現状を打破するためにも、
覚醒されていらっしゃるインターネット一ユーザーの皆様方が一丸となって連携し、
「令和の道鏡一派」を駆逐しなくてはいけません。

友人知人にプレゼントできるように価格とか表紙写真とか様々な配慮をしましたので、
日韓・日中歴史認識ポストカードや皇室安泰家系図等必要のない方は、
地元の書店かアマゾンで事前に予約していただければ、
発売後に巨大な圧力で絶版になっても手に入ると思っております。

また拙ブログ冒頭に申込み方法を記載してありますので、参考にしていただければ幸いです。
2019年08月30日


【皇室100年安泰家系図】「女性宮家・女系天皇は必要ありません」PDFファイル

皇室100年安泰家系図



◆関連記事
《青山繁晴氏は「小室」の子供を天皇にできる謀略を仕掛けているのではないか》
 →青山氏の変節、裏切りの前科から考えると、「男系」ではなく「父系」という言葉を使っている点も含め、信用性に欠ける←
《青山繁晴議員の欺瞞&「青にゃん劇場新館」さんのコメントに関して》 水間政憲ブログ →突然設立した《護る会》の柱は「父系(男系)の皇位継承」という怪しい主張
旧皇族の皇籍復帰を=衛藤晟一首相補佐官 
 →女系天皇に安易に道を開くべきではないと強調。
【女系天皇論粉砕】「男系男子皇位継承者の存在を隠したのは誰だ!」
 →水間政憲氏が『WiLL』7月号で解説