船戸雄大

 東京・目黒区で5歳の女の子に虐待を加えて放置し、死亡させたとして起訴された父親の船戸雄大容疑者が、大麻を所持していた疑いで11日朝、追送検された。
 捜査関係者によると、11日朝に追送検された船戸雄大容疑者は、目黒区の自宅で乾燥大麻、数グラムを所持していた疑いがもたれている。

 船戸容疑者は長女の結愛(ゆあ)ちゃんに虐待を加えたうえ放置し、死亡させた保護責任者遺棄致死の罪などで、すでに起訴されている。

船戸結愛

 虐待事件をうけて行われた家宅捜索で、現場となった目黒区東が丘一丁目14-3サンハイム好2階の自宅から乾燥大麻が見つかっていたという。
 追送検には、起訴を求める「厳重処分」の意見がつけられたとみられる。
 調べに対し船戸容疑者は黙秘しているという。
日テレNEWS24 7/11(水)

       *

◆関連記事
【虐待死】船戸結愛(ゆあ)ちゃん(5)ノートに悲痛な手紙「もうおねがい ゆるして ゆるしてください」 →結愛ちゃんは、朝食はスープ1杯、昼食は米を茶わん3分の1、夜は茶わん半分程度しか与えられず、最後は衰弱のため食べる事も出来なくなっていた。

船戸結愛(ゆあ)ちゃん