※十日ほど前、「蔡英文総統の就任式前に米軍臨戦体制」、「台湾に空母機動艦隊とB1爆撃機終結」などと、まるで米中の武力衝突が一触即発であるかのようにしきりに煽っていた人もいるようですが、蔡英文総統の就任式も無事行われましたし、B1爆撃機も実際は台湾の北東部沖を2機飛行しただけにすぎません。

扇動

 彼らがコロナ騒動に便乗して情弱のお年寄りや十代の子供たちを不安に陥れ煽り続ける理由は何なのかはともかく、根拠のない情報を鵜呑みにしてしまう傾向のある人は、まず自分で情報の真偽を確認したうえで発信する側の真の意図を読み取る癖をつけなければ、デュープスとして悪事に加担してしまうリスクが高まりますし、とくに判断力のない未成年者の場合は大変危険です。 *

蔡英文

 【台北=矢板明夫】1月の総統選で再選された台湾の蔡英文総統は20日午前、台北市内の総統府で就任式に臨んだ。副総統の頼清徳・前行政院長(首相に相当)とともに宣誓し、2期目の政権をスタートさせた。

 台湾独立志向の民主進歩党の蔡氏は、同日の就任演説で、「北京当局が『一国二制度』をもって台湾を矮小化することは受け入れない」と述べた。

 中国共産党政権が香港やマカオと同じく、「台湾は中国の一部」として台湾を中国の主権下に置くとの主張を改めて拒否した。同時に、台湾海峡の現状を変えない原則を堅持する意向を強調した。

 今回の就任式は新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、海外要人の招待や祝賀式、晩餐(ばんさん)会を行わず、規模を縮小した。式典会場では、海外の首脳や要人らの祝賀メッセージのビデオが上映された。

 ポンペオ米国務長官は「台湾の総統・蔡英文博士」の就任に祝意を表すメッセージを寄せた。「活気に満ちあふれる台湾の民主政治は、地域と世界にとって、人々を鼓舞するものであり、米台関係は今後、大きく進展するだろう」と強調した。

 台湾の外交部(外務省に相当)によれば、米国の国務長官が声明を発表して台湾の総統の就任を祝うのは初めて。

 蔡政権は1月以降、「先手防疫」で新型コロナ対策に成功。感染拡大を押さえ込んだことで、国際社会から高く評価されており、台湾メディアの世論調査で支持率が軒並み60%を超えた。式典には、第一線で感染症対策を担当した医療関係者らも招待された。

 一方で、招待を受けた最大野党、中国国民党の江啓臣主席や馬英九前総統は、「蔡政権のさまざまな政策に対する不満」を理由に欠席した。
産経新聞 5/20(水)

        *

◆関連記事
台湾パスポートから「CHINA」削除の動き 「中国人と誤解されないため」 →政府関係者「台湾にとって有益なことを全力で推進していきたい」

【台湾】蔡英文総統の近況に対する談話(和訳) →歴史に残る名演説。