青にゃん劇場新館:【青山繁晴】AAAnew_a001

※明治天皇の孫、東久邇宮盛厚(もりひろ)親王殿下は、昭和天皇の第一皇女成子(しげこ)内親王殿下と御結婚。真彦秀彦信彦3人の男子を儲けられ、御再婚後、盛彦厚彦誕生。今上陛下(徳仁)と東久邇宮家の5人の男子は従兄弟。
 昭和天皇皇后良子(ながこ)の父は、久邇宮邦彦王、母は十二代薩摩藩主・島津忠義公爵八女。(以上、一部敬称略)
※明治以降、一夫多妻制廃止。

昭和天皇一家と東久邇宮盛厚一家
昭和天皇御一家と東久邇宮盛厚親王殿下御一家:昭和22年の歌会始
①昭和天皇 ②昭和天皇皇后(久邇宮良子) ③上皇陛下 ④東久邇宮盛厚 ⑤照宮成子内親王 ⑥東久邇宮信彦 

水間政憲「水間条項ブログ」より転載させていただきます。
----------------------------------------------------------

◎超拡散宜しく《東久邇家と天皇家の家系図を横並びにした価値!》

■旧皇族11宮家の家系図を百地章氏が平成24年4月に
「有識者会議」に提出していたから青山繁晴議員は
「パクり」ではないようなことを有本香氏が、
5月2日の虎ノ門ニュースで紹介していたが、本質を理解できてないようです。

その家系図はあくまで旧皇族11宮家のもので、
私が『ひと目でわかる「戦前の昭和天皇と皇室」の真実』に
掲載したものと趣旨がまったく違います。

西尾幹二先生が『月刊正論』で
「御皇室におられる方々が御尊貴の立場にあられるのはひとえに
『血統』のゆえである。はっきり言ってそれ以外にいかなる根拠もない。……」と
断言されていらっしゃる通り「血統」がすべてなのです。

私もそこから出発して家系図を作成したのです。

明治天皇以降の「血統」に基づいて家系図を一ヶ月かけて作成した結果、
皇太子殿下(現天皇)と秋篠宮殿下より天皇の血が濃い「従兄弟」が
いらっしゃることを突き止め、同書5ページに、
天皇家と東久邇家の家系図を横並びに掲載したのです。

それは、ひとえに天皇家の家系で男系男子が、悠仁親王殿下で途絶えるから
「女性宮家・女系天皇」を認めなくてはならないとの世論に
一石を投じる意味を込めて作成したのが、
まさしく同書5ページの東久邇家と天皇家を横並びにした家系図だったのです。

それを見れば、誰でも「ひと目」で、
照宮成子(しげこ)内親王殿下(昭和天皇の長女)の御子様であられる
東久邇信彦・秀彦・眞彦氏が、皇太子殿下(現天皇)の
「従兄弟」であることが一目瞭然になるように作成したのです。

また、その三方に男子の御子様がいらっしゃるのか否かの疑問に応えられるように
同書7ページに男子が5名いらっしゃることが解るように家系図を制作してあります。

同書6ページには、照宮成子内親王殿下のご主人の母上が
明治天皇の聡子(としこ)内親王殿下だったことも一目瞭然になる家系図を掲載し
完璧を期してあります。

要するに皇族に復帰しても
まったく問題のない立派な「血統」の東久邇家と天皇家の家系図が横並びになった
同書5ページと同じようなものが存在してなかったのです。
同書5ページの家系図は、皇籍を復帰する旧皇族は、
まず、東久邇家が順当と認識できるように作成した意図が、
「ひと目」でわかるようにしてあります。

それ故、単なる家系図でないことは、日本人ならすぐ理解できるようにしてあります。

日本人であれば、天皇陛下の「従兄弟」が
皇籍に復帰することに反対できる方がおりますか。

また、それらの「従兄弟」の御子様方が
悠仁親王殿下の「また従兄弟」になりますので、
天皇の「血統」が絶えるなどは虚言だったことも
一目瞭然になる家系図を同書に掲載したのです。

くだらない詮索をする暇があるなら、天皇に立派な「従兄弟」がいらっしゃることと、
従兄弟の方々の男子の御子様が5名いらっしゃるので、
2~3家族が皇籍復帰するだけで、
日本は100年安泰になると世論を喚起するべきなのです。


パンフレット「女性宮家は必要ありません」(URL、PDFファイル、印刷など色々とばら撒いてください。)
・ひと目シリーズ「天皇家の家系図」(URL、PDFファイル、印刷など色々とばら撒いてください。)


『護国の会』公式ブログ
『護国の会』公式YouTubeアカウント


◆4月12日の虎ノ門ニュースの大高未貴氏の「ミキぺディア」

青にゃん劇場新館YouTubeアカウント

独立後援会 5000円

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


※過去に発表した論文を順次、電子ファイル化しています。

◆【近現代史研究家・ジャーナリスト水間政憲】
水間政憲ブログ【水間条項】(転載フリー:条件全文掲載)