米B1爆撃機
北朝鮮東方を飛行=米B1爆撃機

【ワシントン時事】
 米国防総省のホワイト報道官は23日、B1爆撃機とF15戦闘機が北朝鮮東方の国際空域を飛行したと発表した。

 声明によれば、北朝鮮と韓国の軍事境界線を越え「今世紀で最も北まで飛行した」と説明した。報道官は「北朝鮮による見境のない行為を重大に受け止めていることを明確に示した」と強調。
 この示威行動に北朝鮮が猛反発するのは確実だ。

 声明によると、沖縄を拠点とするF15戦闘機がグアムから飛来した複数のB1爆撃機を護衛した。

F15戦闘機

 報道官は、北朝鮮の核・ミサイル開発について「アジア太平洋地域における深刻な脅威だ」と強調。「米国がいかなる脅威も打破する軍事的選択肢を持っているという明確なメッセージと決意を示すための任務だった」と説明した。

 米軍の声明は、北朝鮮の李容浩外相が国連総会で一般討論演説を行う直前に発表された。
 トランプ大統領が19日の国連演説で北朝鮮の「完全破壊」を警告して以降、米朝間の威嚇の応酬は激しさを増している。
 北朝鮮が今回の米軍の行動を受け、弾道ミサイル発射などの対抗措置を取る可能性もある。 
時事ドットコム 9/24(日)


※B1爆撃機
 B-52の後継機として1965年にスタートしたアメリカ空軍の可変翼戦略爆撃機。
 離陸時には翼を広げ揚力を稼ぎ、巡航時には翼を後方に動かし戦闘機のようなスタイルになる。
 軍事用航空機の中でも、敵地をたたく専門である爆撃機。B-1A はマッハ2.2で飛行可。

米B1爆撃機