本村賢太郎
本村賢太郎 相模原市長

 ◇本村賢太郎相模原市長、“問題ない”から一転、約700万円返金へ

 政権トップの「桜を見る会」に反社会的勢力の影がチラつくぐらいだから、政令指定都市である神奈川県相模原市の長が「暴力団密接交際者」(A氏)から献金を受け取っていてもなんら不思議ではない。とはいえ、実際のケースをつぶさに見ていくと、妙なことばかりなのだ。

 ◇A氏は神奈川県内で病院の移転事業や自治体関連の建設工事に関与

 相模原市の本村賢太郎市長(50)は昨年当選したばかり。自由党から民主党、民進党、希望の党と一貫して“非自民”を渡り歩いた。神奈川県議に2回、衆院議員に3回当選。経歴を見れば大した苦労人なのである。

 そんな市長の政治団体「賢翔会」の平成30年分の収支報告書を覗くと、Aという人物が11回に分けて計147万4千円もの献金を行っていた。これが問題だと指摘される理由を相模原市政関係者が解説する。

「A氏は福岡の久留米市と相模原市で建築業を営んでいますが、今年6月、暴力団との関係で当局から排除措置を食らい、公共事業から締め出されているのです。神奈川県内では病院(相模原協同病院)の移転事業や自治体関連の建設工事などで、ブローカー的な立場で設計会社とゼネコンをつないだりしています」

排除措置についてpdf (記者配布資料 )
排除措置について

 排除されたのは計3社。福岡市の文書にはその実名が列挙され、〈福岡県警察本部から、「役員等が、暴力団構成員と密接な交際又は社会的に非難される関係を有しているとき」に該当する事実があることを確認したとして、令和2年6月19日に通報があった〉と記されている。

一応、問題ない
 6月20日付の西日本新聞は、A氏を50代男性と表現し、こう報じている。〈指定暴力団道仁会幹部と密接交際〉〈男性は「(幹部とは)知人から紹介されて知り合った」と話し、2015〜19年に複数回、中元や歳暮を贈っていたという〉

 かような人物が、相模原市長に献金しているわけだ。

 もっと言えば、3社のうち1社の名前と、会社と同じ住所の個人名でも献金がある。これらを併せれば、平成30年分は11万円上乗せされる。平成29年と28年分も、A氏を含めた献金があり、この3年分の合計は650万円超にもなるのだ。A氏に事情を聞いた。

「私が密接交際者だなんてとんでもない。証拠もないのに警察が想像で言っているだけ。異議を申し立てようと思っていますから。私が関係のあった、市長の伯父の本村和喜さん(元自民党参院議員)から“賢太郎頼むね”と言われたから応援してきただけ。久留米はね、昔はヤクザだらけだったんです。警察ともずぶずぶだったんですから。だから、ヤクザには後輩もいれば同級生もいますよ」

 現在、福岡県警は北九州の工藤会の次なる標的を、久留米市が本部の道仁会に定めているという。公職にある者がそうした状況に無頓着であっていいはずもないが、当の本村市長にA氏との関係を訊ねると、

「伯父が参院議員だったんですけど、私がその秘書をしていた時代から30年来の付き合いです」

 A氏が道仁会と密接な関係と指摘されている点は全然知らなかったそうで、6月の新聞報道で承知したという。ならば、献金は?

「(返済するか)ちょっとまだ、検討中。こっちは正式に政治資金として扱っているので一応、問題ないとは思っています」

 とまでおっしゃる。なのに、後日、本村市長の代理人弁護士から、文書でこんな妙な回答が届いた。

〈あたかもA氏が暴力団の密接交際者であることを本村が把握していたかのような記事を掲載することはお控えください〉

 曰く、取材まで事実を把握していなかったそうだ。その後、「週刊新潮」に記事が掲載されると、市長は全額返金する意向を明かした。ちなみに、本村市長は今年1月、メディアの年頭インタビューで“開かれた市政”を強調していた。

「週刊新潮」2020年7月30日号 掲載
デイリー新潮 2020/07/31

2020年5月14日

 ◇国に虚偽届け出、工事業者5人を逮捕 福岡県警、建設業法違反の疑い

 国に虚偽の書類を提出したとして福岡県警は15日、福岡県久留米市の建築・土木業者2社の社長ら5人を建設業法違反容疑で逮捕したと発表した。県南部の暴力団捜査の過程で発覚し、両社への反社会勢力の関与の有無を調べる。

 逮捕されたのは同市三潴(みづま)町西牟田の建築業者「滉王(ひろたか)」社長、田中元晴容疑者(43)=同市本町=ら2人と、同市宮ノ陣町若松の土木業「近藤建設」社長、近藤博和容疑者(49)=同市山川神代3=ら3人。

 逮捕容疑は2019年4~8月、専任技術者が常勤ではないのに常勤のように装って国に書類を提出したなどとしている。県警によると、近藤建設は公共工事の受注実績があるという。

 県警は両社の関係先を家宅捜索し、給与明細などを押収して実態解明を進めていた。福岡県では特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)など全国最多の五つの指定暴力団が本拠を置き、久留米市には道仁会がある。
毎日新聞 2020年5月15日 16時45分 

滉王㈱本社
京都政経.comよりお借りしました

 ◇福岡・滉王(ひろたか)㈱:本村賢太郎・相模原市長に献金

 5月15日、建築土木会社滉王㈱、㈱楓人、彩設計コンサル㈱の社長ら5人が逮捕され、更に5日後には同じ建設会社の会長山田重人も逮捕となり、何れの容疑も建設業法違反で微罪である。

 逮捕者の中には土木建設業界の中で名が通った人も含まれており、久留米市の公共事業に関与した市議会議員の名前も浮上しているとの噂も聞く。
.
 この逮捕者の中、山田重人容疑者が、神奈川県相模原市の市長に、3年間で650万円もの政治献金を送っていたということを、週刊誌がスクープした。
.
 ゼネコン、設計業界が注目していたのは、九州ニュースに「大手設計事務所の役員(K専務)とズブズブの関係」と言われていたフレーズである。
 この記事を書いている現在でもこの大手設計事務所の名は公表されていないが、「人の噂に戸は立てられず」のとおり、業界には名前が口伝えで広がっている。
(中略)
 滉王㈱の主な工事実績に、杭工事かサッシュ工事しかしていないのに、その現場の担当工事写真でなく「完成建物写真と設計・施工業者の名も掲載」していることである。見栄張りと言えばそれまでではあるが、、、。

【久留米工業大学】
発注者:学校法人久留米工業大学
設計事務所:日本設計
施工会社:松尾建設
メーカー名:大洋基礎
工事概要:杭工事

【久留米総合病院】
発注者:独立行政法人地域医療機能推進機構
設計事務所:梓設計
施工会社:前田建設工業
メーカー名:大洋基礎、不二サッシ九州、山金工業
工事概要:杭工事、サッシ、軽量鋼製建具

【久留米シティプラザ】
発注者:久留米市
設計事務所:㈲香山壽夫建築研究所
施工会社:西松建設JV
メーカー名:大洋基礎
工事概要:杭工事、ウレタン

【佐賀県JA会館】
発注者:JAさが
設計事務所:梓設計
施工会社:松尾建設、JA建設クリエイトさがJV
メーカー名:ジャパンパイル、不二サッシ九州
工事概要:杭工事、サッシ

【キューピー鳥栖工場生産・倉庫棟】
設計事務所:株式会社日建設計 元請会社:清水建設株式会社
施工概要:床防熱(75mm・200mm 1,800㎡)、キーストン(下地共 7,500㎡)、発砲ウレタン(75mm・150mm 475?)、防熱扉(扉11ヵ所・シャッター2ヶ所)
メーカー名:株式会社ミズタスリーベース
工事概要:防熱扉
メーカー名:株式会社前川製作所
工事概要:サーモシャッター

 業界で噂になっている設計事務所の名は、主要実績工事として掲載されている中にある。

 2016年11月頃は、JA神奈川厚生連へ「相模原協同病院の移転」と移転先の橋本第4丁目の造成工事(鹿島建設施工)などの取材をしていた時期で、滉王㈱もうごめいていた時期だ。協同病院は入札で別な業者が施工し、本年12月には完成する。
京都政経.com 2020年8月5日

排除措置について

◆統一教会の集会に自民党国会議員が来賓として出席、党閣僚(K大臣)らから祝電
柳本卓治、工藤彰三、三ツ林裕巳、神山佐市、本村賢太郎 、宮島喜文
本村賢太郎


※続きは会員の方のみ閲覧可。

これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。